長い話

本多 理沙

こんにちは。事務局の本多です。

本日も、ある日の森下のブログをご紹介させていただきます。

今回のブログの内容は、長い話についてです。

 

 

「森下さんの話は長いね~」

いろんなところで挨拶をするとこう言われます。
いつも、ひとつの笑い話しみたいにいじられます。

確かに長い話は聞けないし、要点を絞って話を聞いたほうが理解できるもんね。
だらだらと止めどおりもない長い話を聞かされた日にゃたまったもんでない。

この間、人数あわせで参加した会議でとても興味がわく話があって、長い話だったけど聞き入ってしまったことがあります。もっと聞きたかった。

この違いは・・・

いくら上手に話しても、長いと感じられる話と、もっと聞きたいと感じる話はどこに違いがあるんでしょうね?

話しを聞いてる相手が聞きたい内容なのかどうなのか?
話しているほうがただ、話したい内容になってないのか?

コビー博士が言っている
理解してから理解されるの原則だよね。

なんか、とりとめもない話だったな・・・

 

本多 理沙

本多 理沙

入社4年目、事務局の本多です。何事もどんどん吸収。笑顔で明るく対応いたします!