合同安全大会

本多 理沙

こんにちは。事務局の本多です。

昨日、合同安全大会が行われました。

 

この大会は、森下が代表取締役をしているモリシタ・アット・リフォームの

グループ会社モリシタハウスグループ全体で年に1度行っているもので、

現場での安全についてなど、協力業者の方々に参加していただき話を行います。

今回は200名弱の協力業者の方々に参加していただきました。

 

1435638105951

 

毎回、講師の先生をお呼びしているのですが、

今回来ていただいたのは、一般社団法人 日本中小建設業CS経営支援機構

代表理事の本多民治氏です。

 

本多先生は、茨城県出身の60歳。

建設会社を取り巻く人々(お客様・協力業者・従業員)が幸せになれる経営を目指す

地域密着型の建築会社に、必要な技術情報を提供されており、

地域密着型建築会社の地位向上と適正な品質の家づくりに携わる人材育成に貢献されています。

 

今回は、『一流の現場塾』をテーマに講演をしていただきました。

 

挨拶、掃除、マナー、養生など、当たり前のことを一流のプロとして完璧に行うこと。

チェックシートの活用や現場のショールーム化。

感動させる現場づくりを行い、顧客満足度を上げる。

またそれにより、お客様から紹介をいただくなど。

 

社員をはじめ、協力業者の方々には耳が痛い内容もあったかと思いますが、

これらを実際に行うことにより、地域No1ないしは日本一の企業へと成長します。

 

実際にモリシタハウスグループでも、本多先生指導の下

現在マニュアル化などの改善に取り組んでおり、

来年の安全大会にてどれぐらい改善されたかの発表を行う予定です。

 

取り組みについても、機会があれば随時こちらでご紹介できればと思います。

 

本多 理沙

本多 理沙

入社4年目、事務局の本多です。何事もどんどん吸収。笑顔で明るく対応いたします!