愛想笑いは、頭の回転を鈍くする

本多 理沙

こんにちは。事務局の本多です。

本日もある日の森下のブログをご紹介させていただきます。

 

今回のブログの内容は、子供の育て方についてです。

 

子供が悪いことをしたり、しょうもないことをしたときに、「もう、変なコなんだから・・」なんて、含み笑顔で愛想笑いをしている親!

その行為が、先々で頭の回転を鈍いコを育てることになります。
とくに、できなかった時に、照れてはっきりモノを言わないコに、「それがカワイイのね!」なんて、言ったりするのはもってのほか。

自分で意志をはっきり決めないといけないときに、適当にしてりゃ許されてしまうので、それ以上のことは全然考えようとしなくなる。

私は、頭の回転の鈍い奴は嫌いだ。

人のことをきづかわなかったり、失礼なやつも大嫌い。

物事を適当なところで、ただなんとなくすませてしまう育てられかたをした子供は、その後肝心なタイミングにきっちとやらないといけないのに、ぼ~っとしている。なにかにつけピンときません。そんな天然のところを、またほめる奴がいるから、そいつらはドンドン増強する。

子供は、しっかり育てないといけないと思う。
頭の回転の遅い奴は、親が悪い。しっかり育てていないからだ。
世の中から、頭の回転の遅い奴は絶滅させたい。

我が子も同様!

いま、中学生の我が子は弁論大会に向けて原稿を書いている。
気づかせようと、いろんなメッセージを与えるけど
しょせん、だめ。ぜんぜん分かってない。

頭の回転をよくする、モーターでもないのかね!

 

本多 理沙

本多 理沙

入社4年目、事務局の本多です。何事もどんどん吸収。笑顔で明るく対応いたします!