次の一歩の考え方 パート2

森下 吉伸

次の一歩の考え方_6


こんにちは。森下です。
 
もう今年も一週間近くとなった。
慌ただしくもあるが、翌年に向けてワクワクする時でもある。
翌年はどうやっていくか?を今のうちに考えていきたいと思う。

 
今回も引き続き「次の一歩の考え方」について話していきたい。
来年に向けた次なる一歩をどう踏み出すか?どうすれば今より飛躍できるのか?
今も通用する施策について、いくつかをお伝えしていきたい。

 

(さらに…)

続きを読む

次の一歩の考え方 パート1

森下 吉伸

次の一歩の考え方_1


こんにちは。森下です。
 
今年も残すところあとわずかとなった。
やり残しのないよう業務に取り組み、清々しい気持ちで新年を迎えたいと思う。
 
今回は「次の一歩」を踏み出す考え方について話していきたい。
新たな一歩を踏み出すためには、新しい施策が必要だと考える。
ぜひご覧いただきたい。

 

(さらに…)

続きを読む

営業はいらない時代になるのか パート2

森下 吉伸

営業はいらない時代になるのか_2


こんにちは。森下です。
 
 
前回の記事でも話をさせて頂いたが、今営業は重要な過渡期に入っている。
 
 
人口はますます減り、老人が増え、仕事がなくなり、家庭のお金がなくなってきた。これからは変化にそった集客・営業をより一層行わなければ生き残れない時代だ。
 
 
今後の営業はどうすればよいのか?どうあるべきなのか?じっくり話していきたい。
 

(さらに…)

続きを読む

営業はいらない時代になるのか パート1

森下 吉伸

サクセスブログ 5月11日用


こんにちは。森下です。
 

5月もあっという間に3分の1がすぎた。季節の移り変わりを年々早く感じる。
しかし流れゆく季節以上に、時代の変化は激しくそして早い。

 
今回は営業についてお話するが、時代が移り変わる中で営業がいらなくなる日は来るだろうか?

 

その問いに対する答えについてじっくりお伝えしていこうと思う。

 

(さらに…)

続きを読む

大手戦略の裏をいく パート2

森下 吉伸

大手戦略の裏をいく_6


こんにちは。森下です。
 
オリンピックが白熱している。
今まで海外勢に圧されていた競技でも勝ち残っているのが印象的だ。
我々も自分の店ならではの強みを活かし、勝ち残っていくようにしていきたい。
 
前回、大手がどんな手でリフォーム業界を突き進んでいるかをお伝えした。
今回は、我々が大手の戦略に対抗してくために、どうしていけばいいのか?のポイントをお伝えできればと思う。
 

(さらに…)

続きを読む

大手戦略の裏をいく パート1

森下 吉伸

大手戦略の裏をいく_1


こんにちは。森下です。
 
もうすぐ年度末。1年の締めくくりの時期だ。
4月からはどの企業も新しい人材を揃え、事業計画で立てた目標に足並みを揃えて向かって行く。
 
そこで、我々が大手に対抗していくためには、何をどうしていけばいいのか?
今回は「大手の戦略の裏をいく」やり方をお伝えしたいと思う。
 

(さらに…)

続きを読む

DoingではなくBeing パート2

森下 吉伸

DoingではなくBeing_1


こんにちは。森下です。
 
あっという間に年末になったような気分になる。
来年はどうしていくのか…抱負をゆっくりと考えていきたいと思う。
 
前回は、新しい時代において、組織のあり方はどうすれば良いのか?についてお伝えした。今や業界に参入しているのはプロだけではなくなった。ライバルが増える一方で我々はどう戦うのか?今回はその心構えを話していきたい。

 

(さらに…)

続きを読む

DoingではなくBeing パート1

森下 吉伸

DoingではなくBeing_1


こんにちは。森下です。
 
12月になった。今年も色んなことが多くあったかと思う。
心穏やかに年末を過ごすために、もうひと踏ん張りしていきたい。
 
今回は、時代の目まぐるしい変化において「どうしていくか」を考えてみたい。
今の世の中、急速に物事は進み、次への予想がつかなくなってきている。過去の成功パターンでまた成功できるほど、甘くはないということだ。
 
組織としてのあり方を今一度考えて、新たなスタートを切りたいと思う。
 

(さらに…)

続きを読む

待つという戦略 パート2

森下 吉伸

待つという戦略_1


こんにちは。森下です。

 

年末に向けて、そろそろ慌ただしくなる頃であろうか。
残していることは今のうちに片付け、年末をゆっくり過ごしたいものである。

 

前回、「早く・安く」が当たり前の時代に、あえて「待つ」ことを考えてみた。
なぜ、待つことが良いのだろうか? 果たしてメリットはあるのだろうか?
ポイントを絞ってお伝えしていきたい。

 

(さらに…)

続きを読む