効率よく手間をかける パート2

森下 吉伸

効率よく手間をかける_2


こんにちは。森下です。
 
2019年に入り、もう1月が経とうとしている。
「これを12回繰り返すと1年」と考えた時、皆さんは短いと思うだろうか、それとも長いと思うだろうか。

 
前回にひきつづき目標や目的に向かって、いかに効率よく手間を掛けるかについて話していきたい。

 

(さらに…)

続きを読む

効率よく手間をかける パート1

森下 吉伸

効率よく手間をかける_1


新年あけましておめでとうございます。
こんにちは。森下です。
 
2018年の「今年の漢字」は「災」であった。
地震・台風・豪雨・猛暑とたくさんの自然災害に加え、人災も多くあった一年だった。

 
新たな元号を迎えるにあたり、厄を落として良き一年になる事を願いつつ、発展のための「手間のかけかた」についてお伝えしていく。
世の中の移り変わりについても触れているので、その辺りもぜひご覧いただきたい。

 

(さらに…)

続きを読む

次の一歩の考え方 パート2

森下 吉伸

次の一歩の考え方_6


こんにちは。森下です。
 
もう今年も一週間近くとなった。
慌ただしくもあるが、翌年に向けてワクワクする時でもある。
翌年はどうやっていくか?を今のうちに考えていきたいと思う。

 
今回も引き続き「次の一歩の考え方」について話していきたい。
来年に向けた次なる一歩をどう踏み出すか?どうすれば今より飛躍できるのか?
今も通用する施策について、いくつかをお伝えしていきたい。

 

(さらに…)

続きを読む

次の一歩の考え方 パート1

森下 吉伸

次の一歩の考え方_1


こんにちは。森下です。
 
今年も残すところあとわずかとなった。
やり残しのないよう業務に取り組み、清々しい気持ちで新年を迎えたいと思う。
 
今回は「次の一歩」を踏み出す考え方について話していきたい。
新たな一歩を踏み出すためには、新しい施策が必要だと考える。
ぜひご覧いただきたい。

 

(さらに…)

続きを読む

バランス感覚を養うということ パート2

森下 吉伸

バランス感覚を養うということ_1


こんにちは。森下です。
 
気温も一気に下がり肌寒くなった。年末に向けて体調を崩すことがないよう、体調管理をしっかり行っていきたい。
 
さて、今回は引き続き「バランス感覚」を養うコツをお伝えしていく。
これを見れば仕事は勿論、プライベートでもバランスがいかに重要かが理解頂けると思う。ぜひご覧いただきたい。
 

(さらに…)

続きを読む

バランス感覚を養うということ パート1

森下 吉伸

バランス感覚を養うというこ_1


こんにちは。森下です。
 
 
今年も残り2ヶ月となった。一年の目標でやり残した事はないだろうか?私自身も後悔がないよう、何事も全力で取り組んで行きたい。
 
 
さて、今回はタイトルにもあるように「バランス感覚」を養うコツを2回に渡りお伝えしていく。勿論、実務にも役に立つ内容になっているので、ぜひご覧いただきたい。
 

(さらに…)

続きを読む

「マンネリ」を打破するには パート2

森下 吉伸

マンネリ②_1


こんにちは。森下です。
 
 
10月もあっという間に半ばとなった。行楽シーズンということもあり、紅葉を見ながらゆっくり過ごしたいものである。
 
 
さて、今回も引き続き「マンネリ」について話していきたい。組織のトップにとって目を背けたくなる内容かも知れないが、マンネリを乗り越えるためのヒントがたくさん詰まった内容になっているので、ぜひご覧いただきたい。
 

(さらに…)

続きを読む

「マンネリ」を打破するには パート1

森下 吉伸

マンネリを打破するには_1


こんにちは。森下です。
 
 
秋になり、少しずつ肌寒い季節となった。今年も残り3ヵ月となったが、引き続き全力で仕事に取り組んでいきたい。
 
 
さて、今回は「マンネリ」について話していきたいと思う。マンネリとは、思考・行動・表現などが型にはまり、新鮮さや独創性がなくなる事を指す。これは会社は勿論の事、日常生活の様々な所で起こりえる問題だ。
 
 
その問題について、具体的な部分から対応策まで2回に渡って紹介していく。ぜひご覧になって頂きたい。

(さらに…)

続きを読む

建築コスト10%ダウン術 パート2

森下 吉伸

建築コスト10ダウン術_1


こんにちは。森下です。
 
 
秋に入り、暑くもなく寒くもない、過ごしやすい季節となってきた。
しかし季節の変わり目は同時に体調を崩しやすい時期でもある。十分留意していただきたい。
 
 
さて、今回も引き続き「建築コスト」について話していきたいと思う。
 
 
今回は、より具体的にコストを削減する為の取り組みについて述べていきたい。

(さらに…)

続きを読む